> 神経を抜いたのに、痛みがある - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
【歯内療法】神経を抜いたのに、痛みがある

nerve.gif 
http://www.haishasan.net/haisha_html/care/tooth/l_nerve.htm



歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ (2016年07月26日 配信)  から

今日はエンドの話題です。

第110回国試では抜髄の術式問題
(天蓋除去とか、リーマー、ファイルのISO規格とか)もあやしいですよね

さて、
今回は抜髄後の自発痛について考えます。

「歯の神経を抜いたのに、なんで痛みが出るのだろう(´・ω・`)」

と患者さんは感じるようです。
患者さんからの信頼を失う原因となる非常に嫌なケースです。

抜髄後に生じる自発痛の原因は、

1、残髄
2、リーマー・ファイルの根尖孔からの突き出しによる歯根膜炎
3、咬合起因による歯根膜炎

以上の3点が考えられます。

以下コメントしていきますね!

1、残髄がある場合には、残存している歯髄組織が感染することで、自発痛が生じることがあります。
この場合には、浸潤麻酔をして、歯髄組織を除去して根管内を注意深く洗浄します。
(症状によっては、抗菌薬とNSAIDsを投薬することもあります。)


2、根尖孔からの突き出しで歯根膜炎が起こり、自発痛が生じることがあります。

この場合には、拡大せずに、根管内を念入りに洗浄することで対処します。

根尖孔からの突き出しの場合には、抗菌薬とNSAIDsを投薬した方がよいです。


3、抜髄操作をした場合には、歯根膜に物理的な刺激が加わるので、歯根膜に軽度の炎症が生じています。
そこで、抜髄した歯に刺激が加わらないようにするために、
咬合を落として、咬合圧がかからないようにすることが必要です。

咬合を落とさない場合には、咬合圧が原因となって、自発痛が生じることがあります。

咬合圧が原因で自発痛が生じた場合には、抜髄した歯を削合して、咬合圧がかからないようにします。

あと、抗菌薬とNSAIDsを投薬すると、痛みが早く消失することが多いです。

(注)上記1~3が複合的になっていることもあります)


2のシチュエーションでは、根尖孔を破壊していることも考えられるので、予後が悪くなる場合があります。

以前も書きましたが、根管長測定をしっかり行い、作業長の設定をきちんと設定することが大事です。

作業長の設定をきちんとすることで、根尖孔の破壊や器具の突き出しを防止することができるからです。


補足:以下のサイト 参照

http://www.haishasan.net/haisha_html/care/tooth/l_nerve.htm


スポンサーリンク



関連記事
2016/08/06 21:43 歯内 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: