> アトロピンとか弾性ストッキングとか (100B80, 100D28, 107C24) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
【薬理&麻酔】アトロピンとか弾性ストッキングとか

歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ (2016年07月02日 配信)から



100B80

100b80.jpg

100D28

100d28.jpg

107C24 (既出)
107b24.jpg

o0588046713687307790.jpg

解説:MOREへ

スポンサーリンク


解説

薬理と麻酔は一緒に勉強した方が効率がよいように思います。


ご存知のとおり、今の国試の出題基準は科目別になっていませんよね。

昔の国試では科目横断的な出題はNGでした。


でも今の国試は違うんです!

科目間の融合問題にも対応できるような勉強をされた方がよいでしょう。

まずは、歯科医師国家試験に頻出のアトロピンについてちょっと復習しておきましょう。



第100回B‐80です。

100B80
100b80.jpg

この問題の 正解はa なんですが、cについてコメントしておきます。



アトロピンはムスカリン受容体(=M受容体)の遮断薬(=アンタゴニスト)です。

念のため一応確認しておきますが、M受容体は副交感神経の効果器に存在しますよね。

(注)M受容体にはM1、M2、M3がありますが細かいところまで覚えなくてよいと思う。


M受容体は心臓に分布しているのですが(正確にはM2受容体)、
M2受容体を遮断することで心機能が亢進します。

(理由)副交感神経を遮断させることで交感神経を優位にするから。


したがって、頻脈に有効(=脈拍が増加する)ということになります。

甲状腺機能亢進症のPtの場合には甲状腺から産生されるホルモンの影響で頻脈が生じます。

したがいまして、アトロピンを投与しないほうがよい、ということになります。


なお実際の臨床ではアトロピンは使いづらい薬ということになっています。

その理由は各効果器に対する選択性がないからです。

(→アトロピン代用薬へ)



次は麻酔科です。

第100回D‐28を見てみましょう!


100D28
100d28.jpg

正解:AD


実はこの問題、、、第107回C‐24でちょっと修正されて具体的に出題されていました。


107C24 (既出)
107b24.jpg

o0588046713687307790.jpg

正解 ce

臨床ではよくみかける装置

参照


第100回D‐28の選択肢d中の「弾性ストッキング」が第107回C‐24の画像で登場していたわけです。


文字だけで出題されている選択肢が画像やイラストで出題されてくるのが今の国試の傾向です。



受験生の皆様は、できる限り具体化して勉強するようにしてくださいませ(`・ω・´)ノ


具体化

汎用性


初見の問題に対応できる能力を涵養するための勉強方針として重要です!

意識して勉強してください。


関連記事
2016/08/06 22:55 歯科麻酔・救急 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: