FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
FBページ
本ブログのFB版です。新しい記事だけでなく、有意義な古い記事や情報もupしていきます。
気にいったら、「いいね!」を押してね。
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
尋常性天疱瘡と類天疱瘡(医師国試)

pemphigus vulgaris and pemphigoid

 pemphigus-vulgaris-3-728.jpg
http://www.slideshare.net/medicaldump/pemphigus-vulgaris


医師国家試験過去問データベース から

紛らわしい水疱性口腔粘膜病変:109歯D38

の発展問題ですが、歯科国試の観点とは少し違うかもしれませんが、
こういう形式の出題方法もあります。
歯科国試は医師国試の焼き直しや改編もあるので、参考に!
一部、歯科には難しい内容も含まれます。




1)108医I19

108i19.jpg

108ig3.jpg



2)107医G48
107g48.jpg

107gg7.jpg


解答:MOREへ

関連記事(一部広告含む)


解答


1)108医I19

108i19.jpg

108ig3.jpg


正解  e

theme: 水疱性類天疱瘡

comment:
a ①では表皮と真皮の間にIgAの沈着がみられる。
  線状IgA水疱性皮膚症の診断。

b ②では真皮乳頭にIgAの沈着がみられる。疱疹状皮膚炎の診断。

c ③では真皮に存在する血管壁に沿ってIgAの沈着がみられる。
  Schenlein-Henoch紫斑病〈アナフィラクトイド紫斑病〉の診断。

d ④では表皮細胞間にIgGの沈着がみられる。
  尋常性天疱瘡や落葉状天疱瘡が考えられる。

 正しい
  ⑤では表皮と真皮の間にIgGの沈着がみられる。
  水疱性類天疱瘡の診断


2)107医G48
107g48.jpg

107gg7.jpg


正解  b

theme: 尋常性天疱瘡

comments:
画像Aでは本文にも記載のあるように、口腔粘膜のびらんがみられる。
画像Bでは表皮内の水疱が指摘できる。
水疱内にはTzanck cellも認められる。
尋常性天疱瘡の診断

a 紅斑がメインであり、水疱はまれ。
   また、表皮細胞間の免疫グロブリン沈着もみない。

b 正しい。上記の通り。

c 真皮乳頭部にIgAの沈着をみる。

d 表皮真皮間に水疱をみる。
  画像Bは一見、表皮真皮間の亀裂に見えなくもないが本文中に「表皮細胞間に」と記載があることから否定できる。

e 表皮基底膜にIgGの沈着をみる

関連記事
2016/08/08 22:51 皮膚科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: