> 口腔内感染症の諸問題 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
口腔内感染症の諸問題

osteomyelitis-of-jaw-10-638.jpg 
http://www.slideshare.net/seepmaano/osteomyelitis-of-jaw


1)102歯A-59改
ペリクルで正しいのはどれか。正しいものをすべて選べ。

a. 歯質の脱灰を抑制する。
b. 厚さは約100μmである。
c. 形成に24時間程度を要する。
d. バイオフィルムの一種である。
e. Streptococcus属が優勢である。





2)107歯A-97 (既出)
デンタルプラークを細菌用寒天培地に播種し、5 %CO2 存在下で好気培養した。
得られたコロニーをグラム染色すると赤色の桿状菌を認めた。
考えられる菌はどれか。1 つ選べ。

a Actinomyces israelii
b Aggregatibacter actinomycetemcomitans
c Fusobacterium nucleatum
d Porphyromonas gingivalis
e Streptococcus sanguinis




3)新作
下顎骨骨髄炎患者において適切な初期治療法はどれか。すべて選べ。

a 腐骨除去術
b 抗菌薬の投与
c 高圧酸素治療
d 骨皮質除去術
e 大量洗浄


4)新作
若い男性に生じた歯性上顎洞炎患者。
labo data: WBC 9500/mm 3, CRP 1.3mg/dl.
早期に行うべき治療はどれが適切か?
すべて選べ。

a 洞内洗浄
b 抗菌薬投与
c 洞口腔閉鎖術
d 上顎洞炎根治術
e 保護床の装着


解答:MOREへ





スポンサーリンク


解答



1)102歯A-59改

ペリクルで正しいのはどれか。正しいものをすべて選べ。

a. 歯質の脱灰を抑制する。
b. 厚さは約100μmである。
c. 形成に24時間程度を要する。
d. バイオフィルムの一種である。
e. Streptococcus属が優勢である。

ペリクル(獲得被膜)
http://minna-shigaku.com/category19/entry13.html

ペリクル(pellicle)は、歯の付着物の一種です。
歯面全体を覆っている、被膜と言うことができます。

また、ブラッシングをして数分後には、既に形成されています。
つまり、私たちの歯には、絶えずペリクルが存在しているのです。

そんなペリクルは、歯垢と混同されがちですが、別物です。
歯垢との違いは、構成されている成分を見るとわかります。

・無細胞で、無構造の有機質被膜から成る
・唾液由来の糖たんぱく質から成る
・アミノ酸組成 → グリシン、セリン、グルタミン酸が40%を占める
・タンパク質 → アミラーゼ、リゾチーム、IgA → 典型的な唾液タンパク質
・厚さは0.1~10μm前後

 

ペリクルには、細菌が含まれていないというのがポイントです。
ここに、細菌が住み着き、細菌叢が形成されていくと、プラークへと発展していきます。
つまり、ペリクルとはプラークが形成される土台と言うことができます。

ペリクルは、粘性が高く、細菌や食べカスなどを吸着しやすい性質を持っています。
そうしたペリクルの性質は、歯面への有害作用と防御作用の両方を生み出します。


ペリクルの特徴
http://minna-shigaku.com/category34/category42/entry259.html
 から引用

ポイント1:ペリクルには細菌が含まれていない
ペリクルは歯垢と混同されがちですが、大きな違いがあります。
それは、細菌が含まれているか否かです。

ペリクルとは、非細菌性の有機性薄膜です。
ですので、前提としてストレプトコッカスのような細菌は含まれていません。

バイオフィルムとも混同しないよう、注意しましょう。

ただし、歯垢形成の素地となることは間違いありません。

・ペリクルは非細菌性の薄膜
・歯垢形成の素地となる



ポイント2:ペリクルの成分

ペリクルは、唾液由来の糖タンパクによって構成されています。
具体的には、ムチン、高プロリン糖タンパクといった物質です。
厚さは0.1~10μmです。
エナメル質に唾液が触れてから、数時間で形成が完了します。

・唾液由来の糖タンパク
・厚さは0.1~10μm
・数時間で形成完了


ポイント3:歯質の脱灰を抑制

ペリクルは、エナメル質表面に膜を張ることで、歯質の脱灰を抑制します。
被膜によって、エナメル質からの無機質の放出が抑制されるためです。

・脱灰の抑制
・無機質の放出を防ぐ


正解 a


2)107歯A-97 (既出)
デンタルプラークを細菌用寒天培地に播種し、5 %CO2 存在下で好気培養した。
得られたコロニーをグラム染色すると赤色の桿状菌を認めた。
考えられる菌はどれか。1 つ選べ。

a Actinomyces israelii
b Aggregatibacter actinomycetemcomitans
c Fusobacterium nucleatum
d Porphyromonas gingivalis
e Streptococcus sanguinis


口腔内細菌

参照


好気性ないし通性嫌気性のグラム陰性桿菌(グラム染色で赤色)を選ぶという問題か?
言い換えれば、歯肉縁上プラークのうちグラム陰性桿菌を選ぶという問題。

a Actinomyces israelii
放線菌類、グラム陽性嫌気性桿菌、口腔内常在菌

b Aggregatibacter actinomycetemcomitans ○
ヒトの口腔内に片利共生しており、歯周病の一種である侵襲性歯周炎(en)の原因菌。
パスツレラ科;グラム陰性通性嫌気性桿菌

c Fusobacterium nucleatum ×
偏性嫌気性グラム陰性桿菌

d Porphyromonas gingivalis ×
偏性嫌気性グラム陰性桿菌

e Streptococcus sanguinis ×
グラム陽性球菌


3)新作
下顎骨骨髄炎患者において適切な初期治療法はどれか。すべて選べ。

a 腐骨除去術
b 抗菌薬の投与
c 高圧酸素治療
d 骨皮質除去術
e 大量洗浄

正解 abcde

要するに感染、骨髄炎に対する初期、早期治療の基本ストラテジー
切開排膿
デブリードマン(汚染物や壊死物除去、洗浄 copious irrigation)
適切な抗菌剤投与
嫌気性菌であれば、高圧酸素治療 (hyperbaric oxygen therapy; HBO)


4)新作
若い男性に生じた歯性上顎洞炎患者。
labo data: WBC 9500/mm 3, CRP 1.3mg/dl.
早期に行うべき治療はどれが適切か?
すべて選べ。

a 洞内洗浄
b 抗菌薬投与
c 洞口腔閉鎖術
d 上顎洞炎根治術
e 保護床の装着

正解 abe

c:閉鎖すれば膿がたまり逆効果
d:根治術は感染が治まった後に行うこと
早期治療はabeとなる。






関連記事
2016/08/10 06:00 微生物:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: