> ワルファリンカリウムに関する問題 (104歯A44, 104歯B18) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
【口腔外科&薬理】ワルファリンカリウムに関する問題
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ (2016年08月15日 配信)から転用です。


-7-638.jpg 
http://www.slideshare.net/katsushigetakagishi/ss-16189171


104歯A44
105a44#


104歯B18
104b18.png


解説:MOREへ


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

薬がみえる(vol.1) [ 医療情報科学研究所 ]価格:3888円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

薬がみえる(vol.2) [ 医療情報科学研究所 ]
価格:3888円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)




スポンサーリンク


解説

ワルファリンカリウムはよく使われている薬物です。

他科からの紹介で歯科受診している患者さんの薬情(≒お薬手帳)を確認すると、
ワルファリンカリウムにしばしば遭遇します。

まずは104回A-44 です。

105a44# 



厚労省発表の公式解答は b です。

c も一瞬迷いますが、cよりはbの方が適切、ということでしょう。

血液透析中の患者さんの抜歯を行う場合には通常は透析翌日の午前中に実施します。
なぜなら透析時に使用されるヘパリンの影響をできるだけ無くしたいから です。


選択肢中には記されていませんが、できる限り透析翌日の午前中に抜歯をするべきです。

万が一止血が困難になった場合や遷延性の出血がある場合に対応できるようにするためです。
(時間に余裕を持って抜歯を行うということ)


c は微妙な選択肢ですねw

ブログ管理人(denatlkokushi)の臨床的感覚では,

歯槽骨をほとんど触れなくても可能な抜歯(動揺度2~3のプラプラの歯の抜歯)
ではBRONJは生じないと思われます。

このような場合にはBP製剤服用中でも抜歯は可能でしょう。

ですので、ケースバイケースなんですね。

なお、骨削除が必要な抜歯(埋伏している8とか、骨植がよい歯の抜歯)を行う場合には
他科Drに照会状を書き、休薬可能なら休薬の依頼をするということになります。


休薬期間はBP製剤の服用期間にもよりますが、実は明確な基準がありません

3~6ヶ月とも言われていますが、evidenceが微妙なところです。

国試では休薬期間に関する問題は出題されづらいかと思いますね。



次は104回B-18です!

104b18.png 



ワルファリンカリウムのモニタリングの指標としてはPT-INRを用います。

血液凝固因子の外因系を反映する値ですね。

ちなみにINRとは国際標準比という意味です。


歯科医師国家試験的には2.0~3.0の間であれば、
ワルファリンカリウムを服用したまま(休薬せずに)抜歯等の観血的処置を行ってもよい

と考えてください。

いいですか~~、話をまとめると、
ワルファリンカリウムを休薬するかどうかの判断基準としてPT-INRを使うということですね。


本問では問題文にPT-INRの値が明示してありますね。

2.0ですから、ワルファリンカリウムを休薬(減量)する必要はない のです。

選択肢を見ますと、a~dはダメダメ選択肢で(笑)

ウソばっかですねw

最近の国試の選択肢はウソが多いw

もっともらしいけど、あり得ないでしょ、これ。。。(´・ω・`)ノ
という内容が多いのです。


本番は緊張しますし、異様な空間ですからw

変なことを考えてアンドロメダ銀河方面に行かないようにご注意ください(´・ω・)ノ

ここは地球ですからね(゚з゚)ノ


というわけで、こたえは e です。

ウソばっかの選択肢を消去すると、こたえはeしかありません。



あ、あとね、

本番で、
「すげー、俺こんなこと考えちゃった、マジすげー!。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!」
って思って、、、、選んだ選択肢ってたいてい間違いだから。

気をつけるように(笑)

考えたこともないことを考えないでくださいね。

あ、しつこいですけど、「薬がみえる」はおすすめです!

歯科医師国家試験向けの参考書はポイントが載っていなかったりすることもあります。
はっきりいって内容が足りません。

その結果、必修やA領域で1~2点の壁が突破できなくなるおそれがあります。

薬の名称を単純に聞いてくるクイズ的問題は著しく減少しています。
薬理はやっぱりきちんと勉強するべきです。


参考記事:

歯肉出血、抜歯後の出血トラブル


NOAC (DOAC)について

実際の臨床の現場においては、
最近はワーファリンの使用頻度は非常に低下しているようです。

ワーファリンのように、PT-INRをモニターしなくても済む
新規経口抗凝固薬(Novel Oral AntiCoagulants; NOAC)が、
脳神経科領域でなどは使われるようです。

NOAC
1.ダビガトラン(商品名:プラザキサ®)
2.リバーロキサバン(商品名:イグザレルト®)
3.アピキサバン(商品名:エリキュース®)
4.エドキサバン(商品名:リクシアナ®)

これら、NOACでは、ワーファリンのようにINRでモニターされてないため、
どの程度、血液がサラサラになっているか不明なところがあります。

従って、これからの歯科治療における安全指標が明らかではありません。

しかし、あまり問題にしなくてよいという意見もあります。
http://www.xarelto.jp/ja/home/disease-information-area/af-treatment-spotlight/af-treatment-spotlight-gastrointestinal/

臨床的には、PT-INRないし、APTTが異常値を示さなければ、
問題なく抜歯できるのでしょう。

このNOAC関係については、歯科国試で細かく聞かれることはないとは思いますが。

関連記事
2016/08/16 23:36 薬理:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: