FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
引き続いて心臓がらみの問題。


atrial-fibrillation-and-stroke.jpg 
http://www.afibmatters.org/About-atrial-fibrillation


109回医師国試からの出題


109D-7

109d7.jpg


解説、解答はMOREで

関連記事(一部広告含む)


解説、解答


心房細動の脳卒中リスクは、CHADS2スコアで評価する。

http://ichiba-md.com/sick/ht/chads2.html から)


心房細動の患者のなかでも、脳卒中または一過性脳虚血発作の既往があるか、

うっ血性心不全、高血圧、75歳以上、糖尿病のいずれかの危険因子を2つ以上合併した方は、
脳卒中がおこる(再発する)リスクが高いので、ワルファリンを使って血液をさらさらにし
、血栓を作らないように予防する必要があります。
この評価に使われるのがCHADS2スコアです。
 
CHADS2スコア
 
危険因子
C
Congestive heart failure(うっ血性心不全)
1
H
Hypertension(高血圧)
1
A
Age(年齢75歳以上)
1
D
Diabetes Mellitus(糖尿病)
1
S2
Stroke/TIA(脳卒中/一過性脳虚血発作)
2

CHADS2:CHF(心不全)、HT(高血圧)、Age>75(高齢)、DM(糖尿病)は、
それぞれ1点、Stroke/TIA(脳卒中/一過性脳虚血発作)は2点に計算される。
合計点をCHADS2スコアという。
 
CHADS2による脳卒中リスクの評価
CHADS2スコア
脳卒中リスク
脳卒中発症
0
1.0%/年
1
低~中
1.5%/年
2
2.5%/年
3
5.0%/年
≧4
非常に高
>7.0%/年
 
CHADS2スコアが2点以上の心房細動の患者には、
ワルファリンの使用が強くすすめられています。

ワルファリンは、一般的にPT-INR 2.0-3.0の間になるように量を調整することが理想ですが、
70歳以上の高齢者では、PT-INR 1.6-2.6にとどめることが推奨されています。
 

ということで、

正解  e

dyslipidemiaはCHADS2スコアには含まれていませんので、risk factorではない.
ということで eは ×



追加

img02.jpg 

http://prazaxa.jp/info/q06/ より)


関連記事
2015/06/13 21:00 循環器 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: