スポンサーリンク 今回のポイント A:基礎 - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
 今回のポイント A:基礎

ロムニー配信34号から転用改編

今回は各種科目から忘れがちな重大ポイントを抽出します。
まずは基礎。


1)生化学

基底膜の構成成分

・ラミニン(糖タンパク)
・ニドゲン(インテグリン同様の接着因子)
・パールカン(プロテオグリカン)
・4 型コラーゲン



illust_1-1.jpg


一層の表皮細胞からなる基底層は,基底膜部 (Basement membrane zone) を介して真皮とも結合しています.
基底層の細胞にはヘミデスモソームと呼ばれる,デスモソームを半分に切ったような構造が存在し,
基底板との接着に重要な役割を果たしています.

ヘミデスモソームは,デスモソームとは異なり,
膜タンパク質であるBP180 (タイプXVIIコラーゲン,BPAG2) やインテグリンα6β4,
細胞内タンパク質であるBP230 (BPAG1) やプレクチンなどで構成されています.

基底膜部は,基底板 (Lamina densa) と透明帯 (Lamina lucida) に分けることができますが,
ヘミデスモソームは基底板と,基底細胞とを直接連結することで表皮と真皮との結合を維持しています.

透明帯にはラミニン332 (ラミニン5) やヘパラン硫酸プロテオグリカン,フィブロネクチンなどが含まれています.

基底板の主な構成成分はタイプIVコラーゲンで,ラミニン332は透明帯と基底板の間に位置し,
また,インテグリンα6β4のリガンドとして基底細胞との連結にも関わっています.
さらに,基底板の直下には,タイプVIIコラーゲンで構成される係留線維 (Anchoring fibril) が存在し,
真皮と基底板との結合を強固にしています.

http://ivd.mbl.co.jp/autoimmune_bullous/epidermis_and_classification.html


プロテオグリカン

・骨:デコリン、ビグリカン
・軟骨:アグリカン
・基底膜:パールカン
・細胞膜:シンデカン
・それ以外の間質:バーシカン


2)生理学

カルシウムインの分泌のコントロール

血中カルシウムイオン分泌亢進
・活性型ビタミンD3
・パラトルモン

血中カルシウムイオン分泌抑制
・カルシトニン
・エストロゲン


3)感覚細胞


1 次感覚細胞:嗅細胞、自由神経終末など
2 次感覚細胞:視細胞、味細胞、有毛細胞、メルケル細胞


スポンサーリンク



関連記事
2016/09/24 16:06 歯科:基礎全般 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: