> クラウンブリッジ ポイント40!(1) ロムニー配信から - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
クラウンブリッジ ポイント40!(1)

ロムニー配信36号から引用改編


1 クラウンブリッジの要件

要件 どういう因子か? 
機能的要件 咀嚼・発音を妨げない  ・咬合面の形態
   ・舌面の形態
生物学的要件  口腔内・口腔周囲の環境の保護 ・滑沢な表面
   ・豊隆
   ・隣接面形態(点接触)
材料学的要件 材料固有の因子 ・耐摩耗性 ・咬合力で破損しない
   ・咬合力で変形しない
力学的要件破損・離脱しないための工夫 ・適切なテーパーの付与
   ・十分な削除
審美的要件 調和のとれた形態・色調 ・周囲の色調に合わせる
   ・バランスを考える


2 鼓形空隙

上部鼓形空隙 垂直的(上からの)食片圧入に関連
下部鼓形空隙 水平的(横からの)食片圧入に関連
 ★加齢とともに増加する(歯肉退縮➡根面露出)
頬舌部鼓形空隙 自浄性に関与


3 漂泊の鉄則

亀裂している歯には用いない!
(実質欠損のある場合には用いない)


4 ラミネートベニアの鉄則

その1 Br の支台装置には利用できない
その2 無髄歯に利用できない
その3 あまり下顎には利用しない
その4 切端咬合には利用できない
その5 耐火模型上に築盛する
その6 接着性レジンセメントで合着する

新潟市_審美治療
http://www.matsudadent-whitening.jp/diaryblog/2013/12/post_28.html


★ラミネートベニア以外で『支台装置には利用できない』ものは、『ジャケットクラウン』がある。

IMG_1607.jpg


IMG_355582CC83R83s815B.jpg 
主に、小臼歯に用いられるクラウンで、白い被せ物である
特徴

 ・保険適用である
 ・素材レジン(プラスティック)のため、やや強度に劣る
 ・やや変色しやすい

http://www.i-dos.jp/cn22/crown.html


5 陶材焼成時に「減圧」する事について

・減圧(グレージング)は「大気中」で行う!
・減圧する理由は「気泡を抜く」➡強度向上、透明度増加


6 オペーク陶材とはなにか?

・歯冠色の色調のベースとなるもの
・金属酸化物を含む(多量に)ため、コーピング(金属)の表面にある酸化膜と化学的に結合する。
・酸化膜はSn,In,Zn が形成
・オペーク陶材は「真空中」で焼成する!
★酸化膜と結合する様式(化学的結合)を「1次結合」と呼ぶ
★ファンデルワールス力による結合(物理的結合)を「2次結合」と呼ぶ


7 焼付用陶材に含まれるもので「熱膨張係数」を大きくするものは?

K2O , Na2O


8 オールセラミッククラウン

材料(結晶):アルミナ、リューサイト、長石、マイカなど

製作 : 3つの方法
➡ロストワックス法(射出成形、ガラス鋳造)
➡CAD/CAM による方法
上記2つは『ステイニング』:すなわち、『クラウンが1層でできる』

➡耐火模型に築盛し、焼成する方法
こちらは『レイヤリング』:すなわち、『クラウンが多層でできる』

★ステイニングは「色調再現性に劣る」!


9 CAD/CAM の製作と利点・欠点 

支台歯形成➡印象採得➡咬合採得➡作業模型製作➡歯型のトリミング
                       ➡3次元計測➡コーピング製作➡コーピング上に築盛

cad-cam01_l.jpg
CAD/CAMとは、セラミックス加工において使用する設計・加工システムです。
CADにて歯科技工物のデータを作成し、CAMに取り込んで適合性などを検討・計算しデータに加工したうえで、
データをマシニングセンター(自動工作機械)に送信して切削加工します。
この3段階のプロセスによって高精度なセラミックス製技工物を作製します。

CAD/CAMの優れている点は、コンピューターにて正確かつ精密な設計・作製を行えることです。
また、これにより歯科技工士の作業負担が軽減し、人の手をもっとも要する技工に時間を費やすことができます。
http://www.sean-dr.com/cad-cam.html


CAD/CAM の利点・欠点

利点 欠点
 複製ができる  製品の大きさに制限がある
 製品にばらつきがない  術者の意向を反映させにくい
 変形が少ない 
 設計(CAD)と加工(CAM)を別の場所で行える 


10 ジルコニア

・熱伝導が低い
・『焼成時の収縮』➡およそ「30%」も収縮する。
➡したがって、予め「30%分の収縮」を予測した上で加工(大きめにつくる)する。

★ちなみに、ジルコニアは極めて硬いため、
  一度軟らかくしてから加工し、
  それを再度硬くする。この硬くする

プロセスの中で「焼成」が行われる。

関連記事

スポンサーリンク

2016/10/09 14:00 クラブリ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: