> クラウンブリッジ ポイント40!(3) ロムニー配信から - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
クラウンブリッジ ポイント40!(3)

ロムニー配信36号から引用改編


31 半調節性咬合器でのチェックバイト

チェックバイトの位置 調節するもの
前方チェックバイト ➡矢状前方顆路角
左側側方チェックバイト ➡右側側方顆路角
 ➡右側矢状側方顆路角
右側側方チェックバイト ➡左側側方顆路角
 ➡左側矢状側方顆路角


32 メタルコアの利点と欠点(レジンコアと比較した時)

利点
・残存歯質が少なくても可能
・歯肉縁下でも可能

欠点
・歯質削除量が多い
・来院回数が多くなる


33 個歯トレーの特徴

・歯肉圧排が不要
・内面、外面ともに接着剤を塗布する
(その後、乾燥させてから用いる)
・印象材の厚みが薄く一定となる
・歯肉縁下マージンを正確に再現できる
・隣接歯のアンダーカットによる変形を防ぐ


34 作業模型

歯型可撤式模型 利点
 ・補綴装置内面の適合性に優れる。
 ・操作性に優れる。
 欠点
 ・分割することによって歯型と歯列模型の位置関係が微妙に狂いやすい。
 ・ワックスの屑などが間に入り込んで浮き上がりやすい。
 ・支台歯周囲の歯肉形態が損なわれてしまう。
歯型固着式模型 利点
 ・歯型と歯列模型との位置関係が変わらない。
 欠点
 ・隣接面やマージン部などワックスアップが困難となる部位がある
 ➡精密な補綴装置の製作には副歯型が必要
副歯型式模型 ・副歯型と歯列模型の2 つから構成される作業模型



35 ろう型形成

・浸漬法は「変形・収縮」が大きい一方、内面にしわができにくい。
➡操作は比較的簡単である。
➡歯頚部の薄層が破損しないよう粘性、靱性を与えたワックスを用いる。
➡溶融温度が高い。

・圧接法は「変形・収縮」が小さい一方、内面にしわができやすい
➡操作が難しい。

この2つの方法に加えて、次の2つの方法も覚えておこう。

・盛り上げ法➡少量のワックスを歯型に盛り上げていく方法で操作が容易。硬化収縮による変形が大きい。
・FGP 法➡対合歯の機能的運動路をワックスに記録し、この記録を元に、クラウンの咬合面を製作する方法。


36 ろう付けのポイント

ろう付け行うためには次の3つが重要な点となる。

① ろう合金の融点が母材よりも100~200℃低いこと
② 溶解した合金が母材の表面に対してぬれがよいこと
③ ろう付け間隙が適切であること


37 ろう付けの手順のポイント

ろう付けの手順


1 ろう付け部にフラックスを塗布し電気炉に入れ、
  ろう付け用合金の融点より200℃程度低い温度まで加熱。

2 電気炉から取り出し、ブローパイプ炎で加熱し、その後ろう付け部分を直接加熱

3 炎は必ず還元炎を使用する

4 母材の温度がろうの融点に近づいたら、適量のろう合金をろう付け部に運ぶ。

5 ろうは低温部から高温部に流れるので、流したい方向の先を加熱

6 ろう付け終了後はできるかぎりゆっくりと自然放冷

7 フラックスと埋没材を洗浄、酸洗いやサンドブラストで酸化膜を除去


陶材焼付鋳造冠ブリッジの製作手順


1 焼付用金属の融解 : 1200度
2 前ろう着 : 1100度
3 ディギャッシング : 1050度
4 焼付用陶材の焼成 : 800~1000度
5 後ろう着 : 800~900度


38 「前ろう付け法」と「後ろう付け法」

前ろう付け法:陶材焼成前にろう付け
後ろう付け法:陶材焼成後にろう付け


前ろう付け法
・審美性に優れる
・変形が大きい
・連結部以外の場所にろう付け部位を設定することが可能。
・確保できるろう付け面積には限界があるため、前ろう付け法の方が強度的には優れている。

後ろう付け法の特徴
・ろう付け用合金の融点は焼成する陶材の焼成温度よりも低い800℃程度でなくてはならない。
・ろう付け部位は連結部のみに限定される。


39 ろう付けにおけるパターンレジンの特徴

口腔内でメタルコーピングの適合を確認後、ろう付け間隙0.05~0.15mm になるように調整し、
位置関係を保つために『石膏』にて咬合面コアを採得する。
ただし、パターンレジンで固定することもある。
その場合、石膏コアを採得する必要はない。
その後、硬化したら口腔内から取り出し、埋没する。

パターンレジンによる固定の特徴
・強度が高い
・寸法精度に優れる
・重合時の収縮が少ない


40 金属鋳造冠の口腔内試適の順番

1 隣接面接触点の調整
➡コンタクトゲージを用いる

2 支台歯への適合
➡マージン(支台歯と冠の)の一致を探針で確認する
➡もし、マージンが一致せず浮き上がりがあった場合は、内面の調整をする

3 豊隆・色調の確認

4 咬合調整

5 研磨

6 セメント合着




関連記事

スポンサーリンク

2016/10/09 15:03 クラブリ TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: