> ポイント14 連発 No.3:摂食・嚥下 (ロムニーから) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
ポイント14 連発 No.3 (ロムニーから)

ロムニー配信39号から転用改編


13 摂食嚥下スクリーニング検査

スクリーニング検査

●RSST:反復嚥下唾液テスト

手順
・舌根と喉頭隆起を触診

RSST.png


➡30 秒触診し、嚥下回数を測る
➡2 回以下/30 秒の場合は異常


●MWST:改訂水飲みテスト

手順
・水を口腔底に注いて、嚥下させる

kaitei mizunomi 
http://hotetsu.com/s/doc/irai2013_3_03.pdf

冷水3 ml を口腔底に注ぎ嚥下を命じる

嚥下後反復嚥下を2 回行わせる

評価基準が4 点以上なら
最大2 施行繰り返し,最も悪い場合を
評点とする

評価基準
1. 嚥下なし,むせる and / or 呼吸切迫
2. 嚥下あり,呼吸切迫(Silent Aspiration の疑い)
3. 嚥下あり,呼吸良好,むせる and / or 湿性嗄声
4. 嚥下あり,呼吸良好,むせない
5. 4 に加え,反復嚥下が30 秒以内に2 回可能

●咳テスト

 
手順
メッシュ式ネブライザーにクエン酸を入れて口から吸わせ、それで「むせる」かどうかを見る。

seki test

目的

・不顕性誤嚥の評価
(むせが上手く起こらないことを不顕性誤嚥と言う。)



14 摂食・嚥下の機能訓練

勉強が必要なのは「間接訓練」

間接訓練とは?
➡食物を用いず、咀嚼・嚥下運動にかかわる器官への運動や刺激を与えることで、機能改善を目指す。

昨年出題されたのは「ボタンを口の中に入れて、術者が引っ張っている」ものでした。
これは口唇訓練の1つです。
しかし、そのように覚えるのではなく、「口唇に触れている」から口唇訓練と覚えてください。
このボタンの方法以外にも、口を窄ませるもの、口唇周囲を触るものなどを口唇訓練に含まれます。

例えば・・・

●口唇周囲を触っている場合 ➡ 「口唇訓練」

目的
・口唇周囲筋の機能改善
・食物を口腔内に保持する
・食物の送り込みの改善
・構音の改善
・流涎の改善

● スルメを噛んでいる場合 ➡ 咬合力訓練

目的
・咬合力を強化させる
・唾液分泌の促進
・嚥下パターンの獲得

surume.png 


●発音させている場合 ➡ 「発声訓練」

手順
パ、タ、カ、ラをそれぞれ5 回発音させる!


●ストローにて、水を吐き出している場合➡ 「ブローイング検査」


準備
・ストロー
・コップやペットボトル(水を入れておく)

手順
・ストローを加え、ゆっくりと息を吹き込む
(過度に行うと過呼吸の恐れがあるので注意)
(この操作が困難な場合は、「ガーゼに息を吹きかける」だけの時もある)

目的
・鼻咽腔閉鎖の改善
・口唇閉鎖の改善(イメージすると分かります)
・呼吸の訓練(息を吹きかけるため)


●綿棒を口の中にいれている場合 ➡ アイスマッサージ

手順
・嚥下誘発部位に刺激(冷・圧)を与える。
➡前口蓋弓、舌根部、咽頭後壁、軟口蓋など!
(刺激する際に、喉頭が上下に動くのを確認する)
(刺激する際に、いきなり奥を刺激しない:嘔吐反射を起こすため)
・刺激を終えたら、口を閉じ、空嚥下をしてもらう。

準備
・凍らせた綿(それを、割りばしや綿棒などにつける)
・水と氷(容器も)
・ガーゼ、タオル
など

目的
・嚥下反射を誘発
・唾液分泌の促進
●息をとめている ➡ 息こらえ訓練

手順
・鼻から息を吸う ➡ 息をとめる
・唾液を飲み込み、空嚥下する
・口から息を吐く

★ここでポイントはまず「息を吸う」こと。
決して空嚥下の後に息を吸ってはならない。
(誤嚥リスク)

目的
・反射的な息のこらえを利用し、声門閉鎖機能を改善する:誤嚥防止


上記の「息こらえ訓練」の違う方法として、プッシングプリング訓練がある。
これも声門閉鎖訓練
である。


●壁や何かを押している、あるいは持ち上げている場合 ➡ 声門閉鎖訓練
★別名:プッシング・プリング訓練

手順
・なにか(壁や椅子など)を押しながら、あるいは持ちながら「あ~」と声を出す。

23_11_text001.jpg  


23_11_text002.jpg 
https://www.kango-roo.com/sn/m/view/181


目的
・声門閉鎖の改善
・軟口蓋の挙上の改善


●喉仏(のどぼとけ)を触っている ➡ メンデルゾーンの手技

手順
手で喉仏(のどぼとけ:舌骨)を触って空嚥下をし、喉仏が一番上に上がった時に止めるようにする。


enge13.gif 
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaki/engeshougai/enge2.htm


目的
・喉頭挙上の時間を長く保つ
・食物の残留を減らす
・食道入口部の前後径を広げる
➡ 食道入口への食塊通過を促進

・誤嚥を減らす
ちなみに、「食物の残留を軽減」させ、食道入口部に食塊を通過させるやすくするものには・・・
「頭部挙上訓練」もあることを覚えておこう!


●歯肉を触っている場合 ➡ 歯肉マッサージ

目的
・嚥下機能の改善
・口腔感覚の改善


関連記事

スポンサーリンク

2016/11/02 06:15 摂食・嚥下・言語 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: