> 医療従事者における感染リスクの脅威 (NBDE Part 1) - 医療関係資格試験マニア
FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
google+1
医療従事者における感染リスク


E-70N20image1.gif 
http://www.chokai.ne.jp/hito2000/index/tyuusyabari/v-e-70.htm


1st Aid Q&A NBDE Part 1: Microbiology and Pathology から


Q127


医療従事者において血液を介する感染リスクで最も高いのはどれか?

A Hepatitis B
B Herpes simplex virus
C HIV
D Human papillloma virus
E HCV


解答:MOREへ


関連記事:



スポンサーリンク


解答


医療従事者において血液を介する感染リスクで最も高いのはどれか?

A Hepatitis B
B Herpes simplex virus
C HIV
D Human papillloma virus
E HCV


正解 A

針刺し事故において、B型肝炎ウィルスが最も感染リスクが高い。


risk order

1  Hepatitis B
2  HCV
3  HIV

B Herpes simplex virus:リスクあるが、上記3者に比べれば少ないでしょう。

D Human papillloma virus:skin contact ingection


以下は、http://www.synnet.or.jp/~HANAPUSH/k_21.html から


歯科における針刺し・切創事故はバーによるものが一番多く(37%)、
次いで注射針によるものが(30%)、
そして鋭利な器具によるものが()(21%)となってる。
(ペンシルバニア大学Michael Glick教授講演より)
そして、日本のある大学附属病院の針刺し事故調査の結果。
デイスポーザル注射器での針刺し事故は

 1)注射針の使用後廃棄までの間
 2)注射針の使用中
 3)リキャップ時

の順に多いという結果が出ています。


■患者さんが感染者であることが分かっている時
HBs抗原陽性の患者さんの針刺し事故では30%
HCV抗体陽性の患者さんの針刺し事故では3%
HIV抗体陽性の患者さんの針刺し事故では0.3%
程度ではないかといわれています。


3の法則

k21_2.jpg




k21_3.jpg 

k21_4.jpg 

k21_5.jpg 

k21_6.jpg 

k21_7.jpg
関連記事
2016/11/08 22:42 微生物:歯科 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
広告配信
人気記事
本ブログ内でよく読まれている記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ(タブ)
各年のアーカイブ全体はLISTをクリック下さい。 LISTを閉じる際は、SELECTをクリック下さい。
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: