FC2ブログ
様々な医療福祉関係の資格試験に挑むブログ
プロフィール

かず

Author:かず
某総合病院で日々、臨床で忙しい医師カズです。
各種医療職の資格試験問題に挑戦しつつ、資格を目指す方々を励ますブログです。
内容は、国内の医師、歯科、薬剤師、看護師国試など、さらには米国医師資格試験(USMLE)、米国歯科医師資格試験(NBDE)あたりの問題にも挑戦する予定です。
応援よろしくお願いいたします。

ブログ使用時の注意点:
PCビューで見ると、答えが隠れています。
解答を見る場合は、”MORE”ボタンをクリックして下さい。
スマホですと、全てが表示されてしまうので演習目的の場合はPCビューがお勧めです。

広告
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
楽天お勧め
楽天トラベル
ブロとも申請フォーム
google+1
USMLE Step 1 QBank
https://www.medbullets.com/step1-psychiatry/14021/delirium-vs-dementia
からの引用。

 elderly-lady-taking-pills.jpg
https://www.medicalnewstoday.com/articles/306671.php


英語なのでただ難しく感じるだけで、実は簡単な問題でしょう。
歯科学生さんには、technical termの関係で分かりにくいかもしれません。
ただ、英語問題への慣れとしてはいいでしょう。

まずは、英語だけで解いてみてください。


Question

A 78-year-old male has been hospitalized for the past 3 days after undergoing a revision left total hip replacement.
Over the past several hours, the nursing staff reports that the patient has exhibited fluctuating periods
of intermittent drowsiness and confusion where he has been speaking to nonexistent visitors in his hospital room.
The patient's daughter is present at bedside and reports that the patient lives alone
and successfully manages his own affairs without assistance.

Which of the following is most likely true of this patient's current condition?

1. Anticholinergic medications may alleviate his symptoms
2. Beta-amyloid plaques and neurofibrillary tangles are pathologic findings associated with this condition
3. Short-term memory is often impaired, with sparing of remote memory
4. The condition is typically irreversible, representing a common complication of aging
5. Possible etiologies include infection, trauma, or polypharmacy


関連記事:

認知症の評価

CDT(clock drawing test)

中枢神経のある組織:108医G22

せん妄:医師国試から

110歯科A:認知症関連

MMSE:111医B51

認知症関連:111回医師国試

110歯C 薬理




解答:MOREへ



2017/10/31 21:30 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
img_question_20171012_01sl.jpg

歯科でもHDS-R, MMSEまではミニマム知識だろう。
時計描出テストはいかがだろう。

テコム国試模擬試験問題改題
76歳の女性。高血圧の治療のため通院中である。
本日、同席した夫は、
1カ月前から無口になっていることが多いと述べている。
半年前と本日とに10時55分を指すように指示した時計の描画を図に示す。
病歴聴取後にまず行う検査はどれか。


時計1
半年前
時計2
本日


A 標準型失語症検査〈SLTA〉
B 標準高次視知覚検査〈VPTA〉
C Hamiltonうつ病評価尺度〈HRSD〉
D 改訂長谷川式簡易知能評価スケール〈HDS-R〉
E ウィスコンシンカードソーティングテスト〈WCST〉



解答:MOREへ

2017/10/12 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
栄養管理に関係する問題を、様々な医療関係資格の国試問題から集めてみました。
まあ、解いてみてください。
この分野は管理栄養士関係の問題が医科歯科野」学生さんには解きにくいのでは?



1)管理栄養士 23-124
食事療法と栄養補給に関する記述である。正しいのはどれか。

1.経口摂取が不可能な場合、栄養素の補給はできない。
2.経皮内視鏡的胃ろう造設術は、経静脈栄養に用いる。
3.経静脈栄養は、経腸栄養に比べて代謝上の合併症は少ない。
4.経静脈栄養は、経腸栄養に比べてバクテリアトランスロケーションを起こしやすい。
5.経静脈栄養が1か月に及ぶ場合、末梢静脈栄養を選択する。


2)管理栄養士 30-118 
静脈栄養補給法に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)末梢静脈栄養では、1日に2,000㎉の輸液を行うことができる。
(2)末梢静脈栄養では、血漿浸透圧の5倍濃度の溶液を投与できる。
(3)末梢静脈栄養では、アミノ酸濃度30%の溶液を投与できる。
(4)中心静脈栄養の基本輸液剤には、セレンが含まれる。
(5)中心静脈栄養では、ビタミンB1の投与が必要である。


3)管理栄養士 30-115
患者の栄養管理に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)栄養管理により、疾患の治癒が促進される。
(2)栄養管理により、入院期間が短縮される。
(3)クリニカルパスには、栄養指導を含めない。
(4)栄養サポートチームは、患者のQOLを優先させる。
(5)インフォームドコンセントが必要である。


4)109医G11
中心静脈栄養法を行うための穿刺部位として適切でない血管はどれか。

a  内頸静脈
b  大腿静脈
c  大伏在静脈
d  鎖骨下静脈
e  肘正中皮静脈


5)薬剤師 100-問344
65歳男性。身長178cm、体重75kg。
食道がんの術前・術後の栄養管理に栄養サポートチーム(NST)が
関与することになった。
ただし、本患者の食道に通過障害はあるものの
水分摂取は可能で食道以外に障害はなかった。
術後においても、水分摂取は可能であった。

この患者に対する栄養療法に関する記述のうち適切なのはどれか。
2 つ選べ。

1 術前の栄養管理は経腸栄養療法は実施できない。
2 術後の栄養管理には経腸栄養療法が適している。
3 末梢静脈栄養療法では1日あたりに必要となる糖質量を投与することができない。
4 経腸栄養剤としては半消化態栄養剤よりも成分栄養剤の方が適している。
5 経腸栄養療法よりも中心静脈栄養療法の方が感染性リスクは少ない。


6)新作
栄養摂取方法のうち、腸管粘膜の萎縮を招くのはどれか。
すべて選べ。

a 胃ろう
b oral feeding
c 中心静脈栄養
d 末梢静脈栄養
e 経鼻経管栄養


7)109医H34
患者の全身状態は徐々に悪化し、2か月後には日中の半分以上を自宅のベッドで臥床するようになった。
在宅でかかりつけ医が訪問診療している。食事摂取は特に固形物の咀嚼が難しくなってきている。
また、水分でむせたり誤嚥したりすることも多くなっている。
経口摂取できるのは200kcal/日程度である。
肺癌の終末期で2週程度の余命と見込まれている。
患者は会話が可能で「痩せてしまって情けない。
せめてもう少し食べたい」と家族に伝えた。
この後の栄養管理で適切なのはどれか。

a 食事形態を工夫する。
b 経鼻経管栄養を開始する。
c 中心静脈栄養を開始する。
d 誤嚥予防のために気管切開を行う。
e 胃瘻を造設して経腸栄養を開始する。


関連記事:
看護師国家試験アプリ一斉模試問題 1月22日実施分
http://nurse-senka.jp/contents/square/216058/

“胃瘻”に関する問題

誤嚥性肺炎とその予防




解答:MOREへ





2017/09/01 23:44 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ :

管理栄養士国試 その4  で第28回管理栄養士の問題について紹介していました.


今回は第28回 問題29に挑戦です。



管理栄養士28午前-29(既出)
加齢に伴う変化に関する記述である。誤っているのはどれか。
1つ選べ。

(1)老年症候群では、日常生活動作(ADL)が低下する。
(2)起立性低血圧は、廃用症候群でみられる。
(3)パーキンソン病は、認知症の原因となる。
(4)悪液質は、サルコペニアをきたす。
(5)ロコモティブシンドロームは、更年期障害をきたす。


関連問題:

サルコペニア・フレイルティ:管理栄養士国試問題から

新傾向の高齢歯科関係問題:110歯B36ほか

栄養評価



解答:MOREへ

2017/08/29 22:01 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
Treatable dementiaに関する問題。


医師国家試験過去問データベース から


107a43.jpg

関連問題:

認知症1

認知症関連の問題




解答:MOREへ


2017/07/01 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
認知症の評価についての新作

歯科国試で出そうな感じの問題。

新作

認知症の評価に用いられるものは以下のうちどれか。
すべて選べ。

a FIM (Functional independence measure)
b HDS-R
c BI (Barthel Index)
d MMSE (Mini Mental State Examination)
e FAST (Functional Assessment Staging)
f SF-36



関係問題:

FIMに関する問題 3題 (リハ専門医試験)

心理学的検査法

MMSE:111医B51

認知症関連:111回医師国試

痛みのスケール

110歯科A:認知症関連



解答:MOREへ
2017/06/18 21:16 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
前回も、

高齢者施設における感染症:109医A58

の解説でも触れたように、本疾患も高齢者施設では頻発します。

108dg23.jpg


歯科においても、高齢歯科の範疇には入るものの、
この疾患自体の出題ついてなんともいえずといったところである。
まあ、歯科大生は内視鏡自体は絶対出てこないので、
こういう病気があること自体を理解してもらえば十分である。

医学生は、よく理解すべき基本疾患。

まずは、この問題です。

医師国家試験過去問データベース から


108医D48

108d48.jpg

 108dg23.jpg


解答:MOREへ

2017/06/18 17:25 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
前回は、せん妄の英語表現でしたが、
今回はせん妄関係の問題を、医師国試から集めてみました。

歯科では、内容までは問うてはこないと思いますが、
簡単に流し読みを。



1)110医H3
入院中の高齢者が夜間のせん妄を発症したとき、せん妄を増悪させるのはどれか。

A 家族との面会を勧めること
B 日中の自然光を採り入れること
C 夜間は病室を真っ暗にすること
D 病室にカレンダーを掲示すること
E 時計を大きな文字盤のものにすること


2)110医F11
110F-11.png


3)109医B44
109b44.jpg



4)109医G66
109g66.jpg 



5)108医D36

108d36.jpg 

他の類題:

107B50
107B51
106I46
104A59
102E20
102H22
101F7
100C28  
100C29
100C30


解答:MOREへ


2017/06/12 20:29 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
認知症の鑑別についての問題。

歯科国試でも、認知症の中核症状
評価法であるMMSEなども出されているようです。
まあ、鑑別までは必要ないとしても、各認知症の特徴はおさえる必要はあるでしょう。


内科専門医30 41.

79 歳の女性.
半年前から物忘れを認め,改善がないため長男に連れられて受診した.
整容と礼節とは保たれる.内服中の薬物はない.
 現 症:神経学所見で左上肢に軽度の筋固縮を認める.MMSEは23 点.
     診察中に虫を捕るような動作を繰り返し,本人へ聞いてみると,
     「小さい白い虫がたくさんいるので捕っています」とのことであった.
     長男の話では,「自宅の二階に見知らぬ人が住んでいる」
     と言うことも多いという.
 頭部MRIでは軽度の前頭葉萎縮以外,海馬を含め異常はない.

認知機能障害の原因として最も考えられる疾患はどれか.1 つ選べ.

(a) Alzheimer病
(b) 脳血管性認知症
(c) 前頭側頭型認知症
(d) Lewy小体型認知症
(e) 特発性正常圧水頭症




解答:MOREへ

2017/06/09 21:04 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
osteoporosisについての基本問題

Osteoporosis.jpg
https://www.epainassist.com/bones/osteoporosis



1)看護国試第101回
長期投与すると骨粗鬆症を発症するリスクが高まるのはどれか。

1. ビタミンD
2. ビタミンK
3. エストロゲン
4. ワルファリン
5. 副腎皮質ステロイド


2)新作
骨粗鬆症について正しいのはどれか。すべて選べ。

a 骨髄脂肪細胞の増加
b 要因として骨芽細胞の機能低下
c 要因としてエストロゲンの分泌低下
d 要因としてカルシウム吸収の低下
e 石灰化異常を伴う


解答:MOREへ


2017/06/02 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
歯科医も最近は高齢者施設を回る訪問歯科診療もさかんです。
こういう施設内で好発する感染症はおさえておくべきでしょう。

医師国家試験過去問データベース から


109医A58

109a58.jpg


解答:MOREへ
2017/06/01 21:48 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ

【必修・高齢者】MNAの補足  配信:2017年05月27日(土)

において扱っていた内容です。



低栄養と認知症は関係が深いため、栄養状態の評価ってとても重要!
111回歯科国試でも出る可能性が大。


MNA(Mini Nutritional Assessment)
低侵襲かつ簡便に低栄養リスク者を抽出できる方法です。

もともとヨーロッパで開発された栄養スクリーニング方法です。

MNAは65歳以上の高齢者を対象としていることには注意が必要です。

実はMNAには簡易型のMNA-Short Formというものもあります。
MNA‐SFとも言われますが、現在はMNA‐SFが利用されることが多くなっています。


MNA(mini nutritional assessment)

1999年に提唱された問診表を主体とする簡便なスクリーニング法である。

6個の予診項目(14ポイント)と12個の問診項目(16ポイント)とからなり、
予診の段階で12ポイント以上であれば栄養障害なしと判断し、それ以上の詳細な問診には進まない。
11ポイント以下の場合には、栄養障害の疑いありとしてさらに詳細な12項目の問診を行う。

合計30ポイント中、23.5ポイント以上あれば現時点での栄養障害の可能性はないものとして栄養療法の対象とはしない。
17〜23.5ポイントは、栄養障害の危険ありとしてfull assessmentを行うか、厳重な経過観察を行う必要がある。
17ポイント未満はすでに栄養障害ありと診断され、直ちに何らかの栄養療法が必要となる。

MNA®の問診表については日本語を含む世界12カ国語に翻訳され、妥当性に関する文献も多数報告されており、
信頼できるものとの報告が多い。

現在では、スクリーニングのために図3に示すようなMNA-SF(簡易栄養状態評価表)を利用することが可能である。
わが国でもこれにもとづいた検討結果が報告されているが、いまだ一般には普及しているとは言いがたい。

 また、基本的には65歳以上の高齢者を対象としたものであることに注意されたい。

z3-s.jpg
http://www.nutri.co.jp/nutrition/keywords/ch1-5/keyword6/ より



関連記事:

SGA (110歯C77)とCGA (111医E23)






2017/05/27 20:55 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
高齢者で問題となるポリファーマシーに関する問題

医師国家試験過去問データベース から



111医C6
111C6.jpg


解答:MOREへ


2017/05/01 20:37 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
NST (Nutrition Support Team)関連の問題:医師国試

nst_002.jpg 
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/yakuzai/guide/operations/nst.html

医師国家試験過去問データベース から



1)108医H17
108h17.jpg





2)107医B27
107b27#





3)104医H27
104h27.jpg


関連問題:栄養管理ほか

栄養評価

“胃瘻”に関する問題

誤嚥性肺炎とその予防

サルコペニア・フレイルティ:管理栄養士国試問題から



解答:MOREへ

2017/04/25 21:38 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
認知症の鑑別までは歯科では問われないが、雰囲気をつかむにはいいでしょう。



医師国家試験過去問データベース より

111医A46


111A46.jpg


解答:MOREへ
2017/04/06 06:00 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
サルコペニア・フレイルティ関係の問題

sarc1-copy.jpg 
http://myheart.net/articles/sarcopenia-age-related-muscle-loss/


主に管理栄養士国試問題からです。
管理栄養士の分野では早くから問題として出されてきたようです。

サルコペニアについては、医師国試ではコアカリの項目に正式に入ったようです。

昨日のブログでも歯科国試で出されたサルコペニアを扱いましたが、
今後、一般問題でも形式を変えて出題されるかもしれません。

また、最近話題になっているオーラルフレイルの概念もおさえる必要はあるでしょう。



出典は以下のサイトからの改編です。

*1管理栄養士国家試験徹底解説
   http://diet2005.exblog.jp/24052210/

*2https://www.dieti.biz/examanation/240.html


1)29-144 (*1)
サルコペニアに関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)歩行速度の測定は、スクリーニングに用いられる。
(2)加齢は、要因となる。
(3)たんぱく質摄取不足は、要因となる。
(4)筋力低下は、認めない。
(5)ADL(日常生活動作)は、低下する。


2)28-29 
(*1)
加齢に伴う変化に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

(1)老年症候群では、日常生活動作(ADL)が低下する。
(2)起立性低血圧は、廃用症候群でみられる。
(3)パーキンソン病は、認知症の原因となる。
(4)悪液質は、サルコベニアをきたす。
(5)ロコモティブシンドロームは、更年期障害をきたす。


3)30-142
 (*2)
高齢者の病態と栄養管理に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1)尿失禁は、脱水症の原因となる。
(2)サルコペニアは、内臓脂肪量で評価する。
(3)誤嚥の予防では、摂食時に顎を挙上した姿勢を避ける。
(4)褥瘡患者では、たんぱく質を制限する。
(5)フレイルティ(虚弱)の予防では、身体活動を制限する。


4)新作
サルコペニアの診断に必要な検査法はどれか。3つ選べ。

a DXA法
b 握力
c CT
d Timed Up and Go (TUG) テスト
e MRI


解答;MOREへ

2017/03/21 20:21 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
医師国家試験過去問データベース から

dysphagia-image.jpg 
https://understandingmyositis.org/myositis-complications/dysphagia/


医科歯科ともによく出る分野。
この問題は簡単でしょう。

”誤嚥”というkey word入れてみて、多くの関連記事を探してください
山のように出てきます。



111医E1

111E1.jpg 


ポイント14 連発 No.3:摂食・嚥下 (ロムニーから)

VFの読影(109D35)

嚥下関係の問題

など、参考記事、問題はたくさんあります。


解答:MOREへ


2017/03/17 06:03 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
Comprehensive-Geriatric-Assessment.jpg
http://pixelrz.com/lists/suggestions/comprehensive-geriatric-assessment/


110回歯科では、SGA (Subjective Global Assessment) 主観的包括的評価
111回医科では、CGA (Comprehensive geriatric assessment) 高齢者総合機能評価

と似たような名前の高齢者の評価方法の問題が出ています。

実は全然違う評価法。


SGAは栄養評価
CGAは精神・機能評価 


CGAに関しては、医師国試では108回あたりから出ているようです。
歯科でも、今後出されるかもしれませんので、checkしておきましょう。

では、問題


110歯C77

109c77歯 



111医E23
111E23.jpg


CGA、栄養などの関連医師国試問題

109E31
108B15
108E50
一般総論:その他27問:外科・栄養・中毒・加齢



解答:MOREへ




2017/02/25 21:36 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
今年の歯科国試でも出たMMSE (Mini-Mental State Examination )
111回医師国試でも出ました。

医師国家試験過去問データベース から


111医B51
111B51.jpg


下の問題で復習!

認知症関連の問題





解答:MOREへ
2017/02/21 23:22 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
110歯科A:認知症関連の2題

ninnchishou.jpg 
http://genki55.net/spect/understand.html


111回は、大幅に変わる年なので、問題は難しくないと、
甘く考えている方もいるかもしれません。

しかし、むしろ非常に難化すると厳しく考えた方が無難でしょう。

今回は認知症関連。
勉強を発展させて考えましょう。


以下のサイトも有用です。

認知症.com
http://にんちしょう.com/



1)110A33
110a33認知


2)110A11
110a11 認知


解答:MOREへ




2017/02/11 21:32 老年医学・認知症 TB(-) CM(0)
アクセス数
検索フォーム
知りたい疾患や用語に関連するブログ記事を探すのに使ってください
スポンサーリンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
医歯学などの勉強に有用なサイトを随時増やしていきます。 リンクサイトでアクセス出来ないものあれば、メールフォームで遠慮なく教えて下さい。
ブログランキングなど
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: